ここから本文です

『ドラゴンボール ゼノバース2』ではフリーザ軍にも入隊できる!? 新要素「潜入調査」や参戦キャラに迫る

インサイド 8月10日(水)7時15分配信

バンダイナムコエンターテインメントは、PS4ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2』の新要素や新たな参戦キャラクターなどを公開しました。

【関連画像】

プレイヤーの分身となるキャラクターを作成して「ドラゴンボール」の物語に飛び込み、悟空やベジータなど原作でお馴染みのキャラクターたちと共闘できる『ドラゴンボール ゼノバース2』。また、他のプレイヤーとのオンライン協力・対戦などの要素も盛り込まれており、臨場感のあるバトルを様々な形で体験することができます。

前作のコンセプトは踏襲しつつもさらにパワーアップした本作は、プレイヤーの分身となるキャラクターのバトルスタイルのカスタマイズ範囲なども拡大。プレイヤーそれぞれの特性を活かす戦略的なバトルを、お好みの見た目で楽しむことができるのです。

今回は、本作の特徴となる「歴史改変」や新たに参戦するキャラクターの数々、また「フリーザ軍への入隊」「ナメック星の防衛」などが体験できる新要素「潜入調査」に関する情報を紹介します。

◆『ゼノバース』の事件が終わった後の世界を舞台に、新たな物語が始まる!

新たな神となることで、歴史支配を目論んだ魔人ドミグラにより、ドラゴンボールの歴史が本来とは異なる結末を迎える「歴史の改変」が起きる。その野望を1人のタイムパトローラー(前作主人公)が打ち砕く。AGE850に収束したこの【ドミグラ事件】の後から、『ゼノバース2』の物語は幕を開ける。

■AGE852、タイムパトローラーは組織化

ドミグラ事件の後も、未だに起きる「歴史改変」。多様化する「歴史改変」への対応に迫られ忙しくなった「時の界王神」は、「老界王神」の力を借り、タイムパトロールを組織化し、タイムパトローラーを大きく募集する。主人公であるキミは、タイムパトローラーに応募し……。

■加速する改変。新たな強敵が続々登場

前作『ゼノバース』とは、内容が異なり、さらに凶悪になる「歴史改変」。前作で改変を阻止した歴史にも新たな脅威が……。複雑に絡まっていく改変された物語。お馴染みの名場面の更なる改変を修正せよ。まさかのBOSS×BOSSの凶悪タッグも!?

◆前作には登場しなかったドラゴンボールの人気キャラクター達が続々参戦

■バーダック

悟空とラディッツの父。最下級戦士だが死線を潜り抜けるたび力をつけ、エリート戦士並みの力を持つ。フリーザの裏切りを知り最後まで抵抗した。

■ターレス

サイヤ人の生き残りの一人。星の生命を吸い上げて成長する「神精樹の実」を食べてパワーアップを繰り返している。冷静沈着で冷酷無比な性格。

■クウラ

フリーザの兄。普段から、フリーザの最終形態に相当する状態を維持している。フリーザ以上に残忍で冷酷な性格を持つ。かつて一族に泥を塗ったサイヤ人抹殺のために地球にやってきた。

◆新たな任務「潜入調査」

新米パトローラーの任務として、前作『ゼノバース』には無かった新たな任務「潜入調査」が本作より追加。フリーザ軍の兵士となってフリーザやギニュー特選隊と行動を共にして悟空達と闘ったり、ナメック星に潜入してフリーザ達から襲われるナメック星人を助け、ナメック星の防衛を図ったりと、任務は様々。

プレイヤーの種族に合わせてそれぞれ任務が与えられていますが、ゲームを進めると、他の任務も自由に体験することが可能です。フリーザ軍に潜入すると、フリーザの宇宙船の中を自由に移動が可能。フリーザ軍で組織幹部まで上り詰める事も……!? またナメック星に潜入して最長老様に謁見できたら、悟飯やクリリンが潜在能力を引き出してもらったあの名シーンを体験できます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『ドラゴンボール ゼノバース2』は2016年11月2日(水)発売予定。価格は、パッケージ版が7,600円(税抜)、ダウンロード版が6,980円(税込)です。

※ダウンロード版の価格は、事前予約及び発売後1ヶ月間(12月1日まで)の期間限定価格となります。

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション 
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

最終更新:8月10日(水)7時15分

インサイド