ここから本文です

【卓球】福原愛 3戦連続“完封”で4強入り「最後まで気を抜くことはなかった」

東スポWeb 8月10日(水)0時0分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ9日発】卓球の女子シングルス準々決勝で、五輪4大会連続出場の福原愛(27=ANA)は第2シードのフェン・ティアンウェイ(29=シンガポール)に4―0でストレート勝ちし、初の準決勝進出を決めた。

 3回戦、4回戦とストレートの圧勝で勝ち上がった福原の前に立ちはだかったフェンは、日本勢にとって因縁の相手。4年前のロンドン五輪女子シングルスで石川佳純(23=全農)を破って銅メダルを獲得しているだけに、福原にとっては負けられない試合だった。

 第1セットからバックハンドでのラリーの応酬。その中で福原は両サイドにボールを散らしてフェンを揺さぶり、ポイントを重ねる。先にセットポイントを握りながらデュースに持ち込まれたが、冷静にバックハンドを決めきって14―12で奪った。

 第2セットも一進一退の攻防。福原が先手を奪い、フェンが追いつく展開だったが、勝負どころでバックのカウンターが決まり、最後はフォアのスマッシュで11―8で連取した。

 第3セットも福原のペース。バックで主導権を握り、フェンが嫌がるコースに強打を連発し、リードを奪う。足が動かなくなってきたフェンは途中でタイムアウトを取って流れを変えようとしたが、福原はバックで押し込んで11―7で3セット連取した。

 第4セットは福原がさらに集中力を高め、先制されながらもその後は8連続ポイント。最後もフェンのバックのミスを誘って11―5で圧勝。3回戦からの3試合で1セットも落とさない完璧な内容で、メダル獲得に王手をかけた。

 準決勝は10日午前11時(日本時間午後11時)からロンドン五輪金メダルの李暁霞(28=中国)と対戦する。

 福原の話「1か月練習してきたものがしっかり出せた試合だったと思う。五輪ですし、何が起こるかわからないので、最後の1球まで気を抜くことはなかった。(3試合連続4―0だが)点数は気にしていない。最後に勝つことができればと思ってやっているし(相手に)点数を取られても気を抜かずにできている。昨日、今日といい試合ができていて自信もついているので、次もベストを尽くせるように頑張りたい」

最終更新:8月10日(水)1時38分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]