ここから本文です

【柔道男子】永瀬貴規 順当に準々決勝進出

東スポWeb 8月10日(水)0時24分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ9日(日本時間10日)発】柔道男子81キロ級で昨年の世界選手権覇者・永瀬貴規(22=旭化成)は、3回戦でキビカイ(ガボン)に合わせ技で一本勝ちして準々決勝進出を決めた。

 初戦同様に落ち着いて試合に入った永瀬は、1分30秒に内股で「技あり」。そのまま寝技に持ち込み、上四方固めで押さえ込んだ。相手は動くことができず、合わせ技で一本。2戦目も危なげなく突破した。

 長いリーチを生かし組み手争いを制してからの足技、寝技と鉄壁のディフェンスで勝ち上がってきた。豪快な投げ技で一本勝ちを連発した従来のニッポン柔道のエースたちとはタイプが異なる。異彩を放つ柔道で頂点をつかめるか。

最終更新:8月10日(水)0時24分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]