ここから本文です

<リオ五輪速報>坂井が男子200mバタで銀メダル

THE PAGE 8月10日(水)10時39分配信

 リオ五輪競泳の男子200mバタフライの決勝が9日(日本時間10日)、現地で行われ、坂井聖人(21、早大)が銀メダルを獲得した。優勝は、歴代最多19個の金メダルを獲得している世界記録保持者のマイケル・フェルプス(31、米国)。400m個人メドレーで銅メダルを獲得していた瀬戸大也(22、JSS毛呂山)は5位入賞を果たした。

 スタートは珍しく仕切りなおしとなったが、瀬戸がスタートから飛ばす。50mのターンは瀬戸が3番手。フェルプス、シェーを追う。100mのターンでは、トップ集団のペースが上がってきた。最後の50mでは、フェルプスが抜けだしたが、力をためていた坂井が猛烈に追撃。1分53秒40の自己ベストを叩きだして2位に入った。坂井は五輪初出場での快挙。

 レース後、坂井は、「すごくしんどくて。ラスト(フェルプスを)させたらと思っていたので(金ではなくて)悔しい気持ちもありますが、2位なんで凄くうれしいです。泳ぎ終わってすぐなんで、コメントがしづらいですが、感謝の気持ちが強い」と上気した表情で語った。
 表彰式後には、メダルの感想を尋ねられ、「重いですね。瀬戸さんに個人メドレーのメダルをかけさせてもらったのですが、ズッシリと重くて、取りたいなと思って、今日を迎えていました。フェルプスと一緒の表彰台? 憧れの選手であり、尊敬する選手でもあるので、一緒に表彰台に立てただけでも、感謝して嬉しく思う。素直に嬉しいです。」と、さわやかな笑顔で銀メダルの重みを味わっていた。
   

最終更新:8月10日(水)11時53分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]