ここから本文です

レッド・ツェッペリン『狂熱のライヴ』を東名阪ZEPPで一夜限り上映

CDジャーナル 8月10日(水)17時17分配信

レッド・ツェッペリン『狂熱のライヴ』を東名阪ZEPPで一夜限り上映

レッド・ツェッペリン『狂熱のライヴ』を東名阪ZEPPで一夜限り上映

 ロック・バンド、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のライヴ・ドキュメンタリー映画『狂熱のライヴ / THE SONG REMAINS THE SAME』(1976年)を、ライヴハウスで上映することが決定しました。日程は9月14日(水)の一夜限りとなっており、東京・お台場 Zepp DiverCity、愛知・Zepp Nagoya、大阪・Zepp Nambaの3会場で実施されます。

 『狂熱のライヴ』は1973年にアメリカ・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行なわれたレッド・ツェッペリンのライヴを記録したもので、披露された「ロックン・ロール」「天国への階段」「胸いっぱいの愛を」など全11曲の模様を中心に構成されたドキュメンタリー映画。初公開から40周年と、レッド・ツェッペリン初来日から45周年を記念し行なわれる今回の上映イベントは“絶叫OKのライヴ音響による上映”とのことで、臨場感たっぷりに名パフォーマンスを楽しむことができます。チケット情報など詳細はオフィシャル・ページ(www.110107.com/zepp-de-zep)をご覧ください。

最終更新:8月10日(水)17時17分

CDジャーナル