ここから本文です

「ブリジット・ジョーンズの日記」といえばこのデザイン!最新作ポスター公開

映画.com 8月10日(水)7時0分配信

 [映画.com ニュース] レニー・ゼルウィガー主演の大ヒットロマンティックコメディ「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズの約11年ぶりの新作となる第3弾「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」のポスターが、公開された。

 テレビ局の敏腕プロデューサーとして活躍しながら、いまだ独身のジョーンズ(ゼルウィガー)。かつて愛したダニエル(ヒュー・グラント)は事故で他界し、マーク(コリン・ファース)は別の女性と結婚。“アラフォー”となり孤独感を抱えるジョーンズは、IT企業の社長ジャック(パトリック・デンプシー)と運命的な出会いを果たし、さらにマークとも再会、離婚調停中の身だと知る。

 ポスターは、ジョーンズが2人の男性に囲まれているという、これまでのシリーズを踏襲したデザイン。ゼルウィガーと共にシリーズをけん引してきたファース扮するマークと「グレイズ・アナトミー」のデンプシーが演じるジャックは互いにほほ笑みながらも視線で火花を散らしており、どのようなドラマが展開されるのか、ファンの期待が高まるところだ。中央で困ったような表情を浮かべるジョーンズだが、これまでのように日記ではなく、タブレットを持っているところが時代性を感じさせる。

 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」は、第1作を手がけたシャロン・マグワイア監督が再びメガホンをとる。10月から全国公開。

最終更新:8月10日(水)7時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。