ここから本文です

「のんのんびより りぴーと」宮内れんげ、等身大フィギュア化!価格は79万8,000円

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月10日(水)9時32分配信

アニメ「のんのんびより りぴーと」より、「宮内れんげ」がヒューマンスケールフィギュアとなって登場する。

とある田舎の学校「旭丘(あさひがおか)分校」に通う生徒たちの日常を描いた同作。等身大フィギュアブランド「FUGUREX」からの立体化で、サイズは約125cm。

好奇心旺盛な宮内れんげらしさ溢れるポーズでフィギュア化。可愛らしさを前面に打ち出した一品となっており、造形、彩色、素材などもこだわりぬいたという。

8月10日までの予約客には、1/8スケールフィギュア「宮内れんげ」を進呈し、配送料が無料になるという。価格は79万8,000円(税込)。9月4日までが予約期間で、2017年1月末から順次発送予定。

(c)2015 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合二期

最終更新:8月10日(水)9時32分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。