ここから本文です

HAC、丘珠空港ビル25周年で遊覧飛行 89歳の参加者も

Aviation Wire 8月10日(水)19時46分配信

 北海道エアシステム(HAC、NTH)は、拠点とする札幌の丘珠空港ビル開業25周年を記念して8月9日、航空教室と札幌上空の遊覧飛行を実施した。約4000人の応募者の中から抽選で選ばれた54人が参加した。

◆80倍の狭き門

 イベントに先立ち挨拶した空港ビルの橘俊明常務は「応募は想定を上回る1673通で倍率は80倍。厳正な抽選で1便目10通と2便目11通それぞれ27人の方が当選された。みなさんはくじ運が強い」と参加者の強運をたたえた。

 HACの桑野洋一郎社長によると、参加者は札幌市や江別市、石狩市などから来港したという。桑野社長は「我々の飛行機はプロペラ機で、ジェット機に比べ低いところを飛ぶ。今日は1000メートルくらいで、見晴らしと景色のよいフライトになると思う。自分の住んでいるあたりを目を凝らして見ていただき、実感して欲しい」と、参加者に話した。

 また、子供の参加者も多いことから「夏休みの宿題に活かし、楽しんで素晴らしい夏の思い出にして欲しい」(桑野社長)と、遊覧飛行への思いを語った。参加者はHACのパイロットや整備士、客室乗務員による航空教室を受講後、4月から鶴丸塗装が施されたサーブ340B型機(1クラス36席、登録番号JA02HC)で遊覧飛行を楽しんだ。

◆小さな機体の魅力

 航空教室の自己紹介で、パイロットの長澤浩志さんはHACの魅力について「皆さんを身近に感じられるのが魅力。小さい子が乗るとき手を振ると気づいてくれ、手を振り返してくれる」と、小さい機体ならではのふれあいの多さを挙げた。

 整備士の杉下満さんは、「丘珠は搭乗橋(PBB)がないので雨の日は大変だが、天気の良い日は自分の足で歩いて飛行機に近づける」と、小さな空港の良さを紹介した。

 客室乗務員の蒔田美菜さんは、「お客様の顔をひとり一人しっかり確認できるのが魅力。遊覧飛行の時も、客室乗務員との距離が近いので、ぜひ話しかけて」と呼びかけた。

◆「ハック」の参加者も

 航空教室ではクイズ大会も行われた。全問正解が4人出たことから、パイロットの長澤さんとじゃんけん大会が行われ、高橋郁也(ふみや)くん(9)にHACのモデルプレーンがプレゼントされた。

 また、8月9日に89歳でHACと「ハック」ずくしのイベントに参加した西村正さんにも、モデルプレーンが手渡された。「特に意識せずに来て、言われて初めて気づいた。娘婿が応募してくれた」と喜んだ。

 遊覧飛行を楽しんだ国分咲楽砂(さらさ)さん(9)は「初めてあんなに景色を見られた。揺れるのが面白く、札幌ドームが上から見えてうれしかった」と話した。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:8月10日(水)19時46分

Aviation Wire