ここから本文です

<宮沢りえ>白のワンショルダーワンピで夏の装い ジャングルに取り残されたら…

毎日キレイ 8/10(水) 19:37配信

 女優の宮沢りえさんが10日、東京都内で行われたディズニー映画最新作「ジャングル・ブック」(ジョン・ファブロー監督)の特別上映会に登場し、シンプルな白のワンショルダーワンピースに、ストラップの黒サンダルを合わせた爽やかな夏の装いを披露した。

【写真特集】松本幸四郎、西田敏行ら日本語吹き替え版キャストがズラリ!

 イベントには宮沢さんのほか、松本幸四郎さん、西田敏行さん、伊勢谷友介さんも登場した。主人公モーグリを愛情をもって育てる母親オオカミのラクシャの声を担当した宮沢さんは、自身の役を「一言で表すなら?」と聞かれると、「自分の子と同じように、分け隔てなく育てる、その愛の深さを表現するなら、『博愛』という言葉が好きです。私も娘だけでなく、ラインを超えて人を愛せる人間でありたい」と回答。西田さんが「ラクシャのような母親に甘えてみたい」、伊勢谷さんが「ちょっと怒られたいですよね」というと、宮沢さんは「いつでもどうぞ!」とさっそく“博愛”精神を見せた。

 一方「ジャングルに一人取り残されたら?」という質問に、宮沢さんは「音楽とユーモアがあれば生きていけると本当に思っています。楽器にできるようなものを見つけたら、一人でも楽しい」と珍回答。伊勢谷さんに「ジャングルですよ? 必要なのは音楽なのかな? 死んじゃいそうじゃないですか?」と心配されても、「ジャングルに似合うファッションを考えて、葉っぱで洋服。楽しんでいかないと」と笑顔で答えて、イベントを盛り上げていた。

  「ジャングル・ブック」はジャングルの動物たちに育てられた人間の少年・モーグリが主人公。モーグリは黒ヒョウのバギーラからオオカミのラクシャに託されジャングルの子となって幸せな生活を送っていたが、ある日人間を憎むトラのシア・カーンがジャングルに戻ってきて……という内容。日本語吹き替え版では黒ヒョウのバギーラを松本さん、陽気なクマのバルーを西田さん、母親オオカミのラクシャを宮沢さん、トラのシア・カーンを伊勢谷さんが声を担当した。宮沢さんは冒頭に流れる日本語のナレーションも担当している。

最終更新:8/10(水) 22:00

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]