ここから本文です

腰の据わった売り買いは少ない、じっくりと仕込み場と考えても良い

ZUU online 8月10日(水)9時40分配信

昨日に続き今日も朝から暑くなっています。通勤の電車も幾分すいており、世間では「お盆休みモード」となっているのでしょう。株式市場も一部のデイトレーダーというような人たちは相変わらず活発に売り買いをしているのでしょうし、外国人もオプションSQ(特別清算指数)が終了したら一休みとなるかもしれません。

それでなくても最近では市場参加者が限られているような感じなのですが、ますます参加者が少なくなるのではないかと思います。こうしたときはじっくりと投資の戦略を考えて見るのも良いかもしれません。相場には常に参加している必要もないのですから、じっくりと決算動向の整理などで買う銘柄を探すということでも良いでしょう。

米国株は方向感が見られませんでしたが、為替は円高となっており、飛び石連休=お盆休みということで手仕舞い売りも嵩んで、本日の日本市場は冴えない展開となりそうです。円高の割には夜間取引や海外市場で日経平均先物が売られるということでもなく、日銀の買い期待も根強いということでしょう。ここのところ買われていたものが売られ、売られていたものが買われるというように総じてみると方向感に乏しい展開となりそうです。

オプションSQ(特別清算指数)算出を控えて思惑的な売り買いや持ち高調整で振らされそうです。引き続き16,500円~600円水準を中心に上値は16,800円程度下値は16,200円~300円という水準で動きそうです。米国の利上げなどが取りざたされて円安に振れれば17,000円を超えてくるような展開になるのでしょう。

本日の投資戦略

日銀のETF(上場投資信託)買い期待が根強く堅調な地合いとなっていますが、上値を積極的に買い上がるには決算も今一つという感じなのでしょう。ただ、逆に売り急がなければならないようなひどい決算も少なく、米国市場と同様に手掛かり難という感じです。

今年から「山の日」がある関係で従来以上に「お盆休み」ということが意識されそうです。休みの間に「デイトレード」に勤しむ人が増えるとも考え難く、冴えない相場ですから、参加者も少なくなって来そうです。相対的に「デイトレーダー」や「アルゴリズム取引」、「HFT(超高速売買)」などの影響が大きく、腰の据わった売り買いは少ないということだと思います。目先の値動きに惑わされず、じっくりと安くなったものの仕込み場と考えても良いかもしれません。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

最終更新:8月10日(水)9時40分

ZUU online