ここから本文です

「ゴーストバスターズ」スライムで大はしゃぎ!撮影の裏側収めた特別映像公開

映画.com 8月10日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 人気シリーズを約30年ぶりに女性キャストでリブートした「ゴーストバスターズ」の撮影の裏側を収めた特別映像が、公開された。メインキャストの4人が、今シリーズの象徴ともいえるスライムを使ったシーンで大はしゃぎする姿を収めている。

【動画】「ゴーストバスターズ」特別映像

 「ゴーストバスターズ」は、1980年代に一世を風びした同名作品を、主人公を女性に変えてリブート。4人の理系女子が、幽霊退治専門会社「ゴーストバスターズ」を立ち上げ、ゴーストたちに立ち向かう。主人公の4人を演じたクリステン・ウィグ、ケイト・マッキノン、メリッサ・マッカーシー、レスリー・ジョーンズと、受付係を担うおバカなイケメン、ケビンに扮した豪俳優クリス・ヘムズワースが共演する。

 このほど公開された映像は、ウィグが大量のスライムを勢いよく浴びるシーンから始まる。ウィグは、撮影前は「明日はスライムだわ」と楽しみにしていたというが、実際に浴びてみると「体中の割れ目に浸み込んで大変だった」と述懐。しかし、「スライムで盛り上がったわ」という言葉通り、スライムまみれのウィグら4人が、カットがかかった後も大爆笑する姿や、おなじみのテーマソングを口ずさみながら踊る様子が確認できる。

 「ゴーストバスターズ」は、「ゴーストバスターズ(1984)」を手がけたアイバン・ライトマンがプロデューサーとして参加し、ポール・フェイグ監督がメガホンをとった。8月19日から全国公開。8月11~14日には先行上映が行われる。

最終更新:8月10日(水)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。