ここから本文です

【タイ】三菱電機、パープル線向けに昇降機を納入

NNA 8月10日(水)8時30分配信

 
 三菱電機は9日、タイの首都圏鉄道「パープルライン」向けにエレベーター49台、エスカレーター125台を納入したと発表した。受注額は非公表。
 パープルラインはバンコク北部のバンスー地区とバンコク北郊ノンタブリ県のバンヤイ地区を結ぶ全長約23キロ。2009年に着工し、今月6日に開業した。
 納入したエスカレーターは、モーター容量を拡大した重負荷仕様により、混雑時の利用者の安全性を向上させた。エレベーターは永久磁石モーターを用いたギアレス巻き上げ機を採用。製造は三菱電機のタイ子会社、三菱エレベーター・アジア(AMEC)が手掛けた。
 三菱電機の担当者がNNAに説明したところによると、タイの昨年のエレベーター・エスカレーター市場は6,100台で、商業施設の増設などを背景に年々拡大している。同社のシェアは28.5%。2004年には地下鉄「ブルーライン」にも昇降機を納入している。
 三菱電機は1977年、タイに合弁会社を設立して昇降機の販売を開始。その後、三菱エレベーター(タイランド)として子会社化し、事業を拡大してきた。91年に製造拠点のAMECを東部チョンブリ県アマタナコン工業団地に設立。タイを含む世界90カ国以上に累計15万台以上のエレベーターとエスカレーターを供給している。

最終更新:8月10日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。