ここから本文です

フェンシング男子エペで朴相泳が金 格上相手に大逆転劇

聯合ニュース 8/10(水) 8:32配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】リオデジャネイロ五輪第5日の9日(日本時間10日)、フェンシング男子のエペ個人決勝で、世界ランキング21位の韓国の朴相泳(パク・サンヨン)がハンガリーのゲーザ・イムレ(同3位)に15―14で勝利し、金メダルを獲得した。

 韓国勢3個目の金メダルとなる。フェンシングは2012年のロンドン五輪に続き、2大会連続で金メダルを獲得した。

 朴は格上のイムレにひるむことなく、落ち着いてポイントを重ねていった。

 序盤は0―2でリードされたが5―5に追い付き、引き離されてからも再び9―9の同点にした。その後、経験豊富なイムレに4連続得点を許し、10―14とマッチポイントを握られた。追い詰められた朴は4連続で得点にすると、イムレのすきを狙った鋭い突きで逆転勝利を収めた。

最終更新:8/10(水) 9:36

聯合ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革