ここから本文です

86歳のクリント・イーストウッド監督、新たなる挑戦!「ハドソン川の奇跡」でIMAXカメラを初使用

映画.com 8月10日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 2009年に米ニューヨークで起こった航空機事故をトム・ハンクス主演で映画化した「ハドソン川の奇跡」で、メガホンをとったクリント・イーストウッド監督がIMAXカメラでの撮影に初挑戦していることがわかった。

 09年1月15日、乗客155人を乗せた航空機がニューヨーク・マンハッタンの上空850メートルで制御不能になるトラブルが発生。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガー(ハンクス)の英断により、乗客全員が生還した奇跡の救出劇を描くと共に、ハドソン川に機体を着水させたことが問題視され、殺人未遂の罪に問われてしまうサリー機長の苦悩にも切り込む。アーロン・エッカートがサリーと共に航空機事故に巻き込まれるジェフ・スカイルズ副機長、ローラ・リニーがサリーの妻を演じている。

 今回使用されたのは、ドイツのフィルム撮影機材の老舗メーカーARRIの「ALEXA 65」。6Kの高解像度で撮影できるハイスペックな機材で、本編95分のほぼすべてのシーンがALEXA 65で撮影されたという。IMAXカメラでの撮影自体が初となるイーストウッド監督は「気に入ったよ。とてもね。IMAXの人々はすばらしかった。彼らの最新のカメラを持ってきたんだ。(撮影開始時)ちょうどカメラができたところで、いくつかフッテージを撮影して確認したよ。映像がものすごく鮮明なんだ」と「レヴェナント 蘇えりし者」でも使用され、圧巻の映像世界を生み出したALEXA 65の性能に対する驚きを語っている。

 「ハドソン川の奇跡」は、イーストウッド監督と長年タッグを組むトム・スターンが撮影を務める。9月24日から全国公開。

最終更新:8月10日(水)12時0分

映画.com