ここから本文です

上半期の“芸能事件”の末 その2 SMAPの分裂・解散騒動

リアルライブ 8/10(水) 12:09配信

 ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不倫騒動で渦中だった1月13日、スポーツ紙2紙がそれぞれ1面で衝撃的なニュースを報じた。

 ジャニーズ事務所に所属する国民的人気グループ・SMAPが女性チーフマネージャーとともに独立を画策、キムタクこと木村拓哉は事務所に残留する意向で分裂危機を迎えているというのだ。

 「長年、冷や飯を食わされていたチーフマネージャーの飯島女史が芸能界の重鎮に独立を相談。しかし、2紙の記事が出た時点でその話はすでに破談になっており、飯島女史はジャニーズ事務所の策略でうまくハシゴを外された形になった」(芸能プロ関係者)

 同18日、SMAPの冠番組「SMAP×SMAP(以下スマスマ)」(フジテレビ)にメンバー5人が生出演し騒動を謝罪。その後、騒動の責任を取る形で飯島女史が同月いっぱいでジャニーズ事務所を退社。ひとまず、騒動は収束したかに思われたのだが…。

 「窓口が飯島女史で一本化されていたため、SMAPに関しての仕事の引き継ぎがまったくなされていなかった。おかげで、ファンクラブの会報発行が滞り、ファンが解散を危惧する事態に発展してしまった。さらには、以前から溝があったキムタクとほかのメンバーの溝がさらに広がり、修復不可能になってしまったため、『スマスマ』の収録がまともにできなくなった」(テレビ関係者)

 騒動の時点で、SMAPとジャニーズの契約は今年9月までのため、契約満了後が“ヤマ場”と言われた。一部報道によると、すでに5人は契約を延長したというが、まだまだ波乱がありそうだというのだ。

 「小学生で芸能界に入り、飯島女史が“育ての親”のような存在だった香取慎吾はまったく仕事へのモチベーションがわかない状態。生謝罪の際、キムタクにセンターポジションを“はく奪”された中居正広はソロの仕事を中心にこなすことで腹を固めた。ファン待望の25周年記念コンサートの開催は難しいだろう」(芸能記者)

 「雨降って地固まる」というようにはいかなかったようだ。

最終更新:8/10(水) 12:09

リアルライブ