ここから本文です

JR西日本、きのくに線の海南以南にICカード導入…特急停車駅限定

レスポンス 8月10日(水)10時0分配信

JR西日本の和歌山支社は8月9日、同社が展開しているICカード「ICOCA」が導入されていない紀勢本線(きのくに線)海南~新宮間各駅のうち、特急『くろしお』の停車駅に限りICOCAを利用できるようにすると発表した。12月からサービスを開始する。

[関連写真]

きのくに線は、紀伊半島西部の和歌山~新宮間200.7kmを結ぶ、JR西日本の鉄道路線。和歌山駅で阪和線と接続しており、京都・新大阪~白浜・新宮間を結ぶ特急『くろしお』も運転されている。阪和線は全ての駅でICOCAを利用できるが、きのくに線でICOCAを利用できるのは和歌山~海南間の10.4kmに限られており、海南~新宮間190.3kmは近畿圏のICOCAエリアから外れている。

JR西日本の発表によると、海南~新宮間の各駅のうち、『くろしお』が停車する箕島・藤並・湯浅・御坊・南部・紀伊田辺・白浜・周参見・串本・古座・太地・紀伊勝浦・新宮の13駅に限り、12月からICOCAを利用できるようにする。JR東日本のSuicaなど、全国相互利用サービスに対応した交通系ICカードも利用可能だ。ただしICOCA定期券は設定しない。

ICOCAで乗車できるのは、13駅の各駅間や、13駅から近畿圏ICOCAエリア内の各駅まで。御坊駅から普通列車で紀伊田辺駅まで移動する場合や、新大阪駅から特急『くろしお』に乗って新宮駅に向かう場合などは、ICOCAを利用できる。特急に乗車する場合は特急券を別に購入する必要がある。

一方、海南~新宮間の13駅を除く各駅はICOCAに対応しない。たとえば、南部の次の岩代駅はICOCAを導入しないため、南部~岩代間や御坊~岩代間の乗車でICOCAを利用することはできない。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:8月10日(水)10時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]