ここから本文です

【競泳】星奈津美 200Mバタフライ準決勝進出も納得いかず

東スポWeb 8月10日(水)2時4分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ9日(日本時間10日)発】競泳の女子200メートルバタフライ予選で、星奈津美(25=ミズノ)は2分7秒37の全体7位、長谷川涼香(16=東京ドーム)も2分7秒35の全体6位で、揃って準決勝へ進んだ。

 もっとも、決勝を見据える星はこの結果に納得していない。100メートルでは自己ベストを2回更新しているとあって、自信を持って臨んだが「後半精一杯上げてこのタイム。これだと準決勝はギリギリになってしまう」と苦笑い。「準決勝では1秒ぐらい上げて、決勝のために余力も残したい」と修正を誓った。

最終更新:8月10日(水)2時17分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]