ここから本文です

テイラー・スウィフトの弟が俳優デビュー!予告編が公開

映画.com 8月10日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 人気歌手テイラー・スウィフトの弟オースティン・スウィフトが俳優デビューを果たす、テクノスリラー「I.T.(原題)」(9月23日全米公開)の予告編が8月6日(現地時間)、米国で公開された。

 「ダイ・ハード ラスト・デイ」「エネミー・ライン」のジョン・ムーア監督、ピアース・ブロスナン主演で、キャリアも家庭も手に入れた男がITコンサルタントと不仲になったことから人生を狂わされていくさまを描く作品。オースティンが映画に初出演することは、1年ほど前にテイラーがInstagramで報告しており、このほど公開された予告編では、オースティン演じるランスが、ステファニー・スコット演じる主人公の娘ナンシーにスマートフォンの画面を見せる場面が、ほんの数秒だが映し出される。

 テイラーの2歳年下で、現在24歳のオースティンは昨年、米インディアナ州にあるノートルダム大学を卒業。これまでにも姉テイラーとともにイベントに出席することがあったが、昨年12月に行われた「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のLAプレミアでは単独でレッドカーペットを歩いていた。今作に続き、ベン・アフレック製作・監督・主演・脚本でデニス・ルヘイン著「夜に生きる」を映画化する「リブ・バイ・ナイト(原題)」(17年1月13日全米公開)にも出演している。

最終更新:8月10日(水)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。