ここから本文です

菊池先制V撃から10点満点!広島13日にも「M27」

デイリースポーツ 8月10日(水)6時3分配信

 「広島10-3阪神」(9日、マツダスタジアム)

 広島が10安打10得点の猛攻で連勝を飾り、カード初戦を制した。三回、菊池涼介内野手(26)の先制打など、打者11人で一挙5得点。七回にも新井の適時打、鈴木の16号3ランで得点を重ねた。2004年以来、今季13度目の2桁得点。巨人も勝利したが、最短で13日に優勝マジック27が点灯する。

 猛打爆発で10得点の勝利でも、観客は殊勲が誰かを知っていた。「キクチ!、キクチ!!」。ヒーローを呼ぶ声が響く。「最高でーす」。決めゼリフを叫ぶ鈴木の横で、菊池は静かに笑った。2安打2打点2得点。2試合連続のお立ち台だ。

 「石原さんが復帰してKJ(ジョンソン)が思い切ってバスターでつないでくれたので。何とかしたかった」

 球場のボルテージが最高潮に達したのは三回だ。復帰戦となった石原が左前打で出塁。続くジョンソンはバントの構えから「自分の判断で」バスターを決行。阪神のバントシフトをあざ笑うように、打球は左中間で強く弾んだ。無死二、三塁から田中が死球。満塁で菊池に打席が巡った。

 チェンジアップ、直球、スライダーで追い込まれた4球目。内角の145キロ直球に「対応」した。鋭い打球が三遊間を抜ける。先制点で流れを引き寄せると丸は押し出し四球。ルナが2点左前適時打で続き、鈴木の押し出し四球で計5点を奪った。岩貞をKOし、大勢は決した。

 8月は32打数16安打で打率・500。昨季の悔しさが原動力だ。シーズン序盤に両膝を故障。「両膝の内側側副靭帯(じんたい)損傷」と「後十字靭帯損傷」の重傷だった。「届きそうな打球に届かず、何度も悔しい思いをした」。食欲もなく、体重も落ちた。だが、苦しんだ中で進塁打、右打ちを徹底的に学んだ。初球から積極的に打ちにいくスタイル。自由が利かない中で待球打法にも挑戦した。

 「野村前監督も『初球から打ちにいくのは、良いことと悪いことがある』と。その意味が分かったのが昨年だった」。七回は中前打。新井の左前適時打、鈴木の3ランと、ダメ押し4得点の起点となった。リーグトップの138安打。昨季の143本を早くも超える勢いだ。

 チームは連勝で貯金19。最短で13日にも優勝へのマジックナンバー「27」が点灯する。「あとは神様に聞いてください」。最後は共にお立ち台に上がった後輩の鈴木に、ヒーローの座を譲った。飾らず、ひたむきに。つなぎの2番が攻守でチームを支える。残り38試合。まだ見ぬ頂点に駆ける。全身全速力で。

最終更新:8月10日(水)7時57分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]