ここから本文です

【ゲームの中では傍若無人】39回:『一血卍傑-ONLINE-』  英傑の仲人をしていたら独神を拗らせた

インサイド 8月10日(水)21時57分配信

独神、はじめました。

『一血卍傑-ONLINE-』いよいよリリースされました!「独神」とは、他のゲームでいうところの「トレーナー」や「提督」や「審神者」的な存在。英傑たちを「卍傑」し新たな英傑を誕生させる能力を持っています。本作は英傑たちの子孫を繁栄させつつ、異形の悪霊軍団を倒し、八百万界に安寧をもたらすのが目的です。

【関連画像】

英傑は「神代」「桜代」「双代」と世代が分かれており、世代ごとに「卍傑」させることが可能です。生まれる英傑の数は100体以上。能力の継承も考えて「卍傑」させることも重要で、とてもやり込み度が高いゲームに仕上がっています。

現在公開中のストーリ―「桜代西討伐編」。神代の8人と、初めての「卍傑」で生まれた桜代のタケミカヅチが八百万界の立て直しを行います。主軸となる物語の合間にみせる、キャラクターたちの掛け合いにも注目。

バトルはオートで進行します。まず出陣前に英傑をどのように配置するかを決めるのが勝敗のカギ。補助タイプは後列に置かないとあっという間に戦闘不能になってしまい、能力を活かしきることができません。また、バトル中に溜めた「秘術力」を使い、戦闘を有利に進めることも可能。秘術を解放するタイミングは独神の腕次第。悪霊軍団はかなり強いので、使いどころは慎重に!

独神は卍傑させることのできる唯一の存在…もともと特別なオンリーワン。選ばれし存在なのです。でもなぜだろう、「独神」という言葉の響きが心にぐさりと刺さるのは。卍傑の仲人をし、生まれた英傑を育て、独神レベルをあげるたびに虚しい気持ちに…人の恋の世話をしていたらうっかり行き遅れてしまったおせっかいさん状態。独神、拗らせすぎぃ!

…なんて自虐的なネタはさておき、有名イラストレーターや有名声優をこれでもかと起用し、2016年現在実装可能なすべての萌とキャストが揃った本作。バトルシステムもやりごたえがあり、素材の精錬や親密度など、やり込み度もかなりあるので、骨太なRPGをご所望の方にもオススメのブラウザゲームです。

筆者が個人的にツボだったのは敵のデザイン。生み出した英傑や、出会った悪霊は「兵舎」で閲覧することも可能です。舐めまわすように鑑賞しましょう。

『一血卍傑-ONLINE-』 は基本プレイ無料(アイテム課金型)で配信中です。

■著者紹介
みかめ ゆきよみ
ゲーム好き、日本史好きの漫画家兼フリーライター。ゲームはジャンル問わず下手の横好きでなんにでも手を出す。歴史マンガ、コラム、イラストなど雑多に活動中。代表作『ふぅ~ん、真田丸』(実業之日本社)


Published by(C) DMM GAMES
(C)DMM.com OVERRIDE / Rejet

最終更新:8月10日(水)21時57分

インサイド