ここから本文です

「T-ARA」&「DIA」側、悪質な書き込みユーザー相手に告訴状提出「善処はない」

WoW!Korea 8月10日(水)10時1分配信

韓国ガールズグループ「T-ARA」と「DIA」の所属事務所MBKエンターテインメントが悪質な書き込みを記載したネットユーザーに対し、告訴状を提出した。10日、韓国メディアの取材で分かった。

T-ARAのプロフィールと写真

 MBKエンターテインメントは去る7月19日、「T-ARA」と「DIA」の元メンバーに関連し、悪質な書き込みやデマの流布者たちを相手に告訴状を提出した。現在、ソウル江南(カンナム)警察署サイバー捜査隊が捜査中だ。

 事務所関係者は「MBK所属アーティストに向けたあらゆるデマの最初の流布者を含め、これを流布および拡散する二次、三次流布者と人身攻撃性の悪質な書き込みを残す者に対して強硬対応するものだ」と強調した。

 事務所側はファンの申告を受け取り、証拠として提出する計画だ。

最終更新:8月10日(水)10時1分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。