ここから本文です

宮沢りえ主演映画『湯を沸かすほどの熱い愛』予告編公開、きのこ帝国による主題歌お披露目

CDジャーナル 8/10(水) 17:17配信

 自主制作で発表した映画『チチを撮りに』(2012年)がベルリン国際映画祭など国内外の映画祭で絶賛された中野量太監督による商業デビュー作で、宮沢りえを主演に迎え“死にゆく母と残される家族の愛と絆”という普遍的なテーマを描く『湯を沸かすほどの熱い愛』(10月29日公開)。YouTube(youtu.be/CQsS-ekufiM)では、ロック・バンドきのこ帝国による主題歌「愛のゆくえ」が流れる予告編が公開されています。

 銭湯「幸の湯」を営む幸野家。父が1年前にふらっと出奔し休業状態の中、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘を育てていた母“双葉”は、ある日突然「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行に移していく――。本作は、優しさと強さを併せ持つ“お母ちゃん”双葉役を務める宮沢りえをはじめ、杉咲 花、オダギリジョー、松坂桃李、篠原ゆき子、駿河太郎、オーディションで選ばれた新人子役・伊東 蒼演じるキャラクターが絶妙にリンクし、新しい家族の物語を紡ぎ上げています。

©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

最終更新:8/10(水) 17:17

CDジャーナル