ここから本文です

CMで一番稼ぐ女は誰?

リアルライブ 8月10日(水)14時45分配信

 女性タレントたちの最新CMギャラのランキングを、発売中の「週刊ポスト」(小学館)が報じている。

 同誌はテレビCMに加え、新聞広告やラジオ、イベント、WEBなどへの出演を含めた「年間契約料」として必要な金額を、大手広告代理店から入手した内部資料を元にランキング化。

 その結果、トップは1社1億円で長年トップに君臨していた女優の吉永小百合に歌手の安室奈美恵が並んだという。

 「吉永は長年、JRと契約しているうちに契約料があがり、現在の金額がマックス。対して、安室は以前、大手芸能プロに所属している時は、ほかのタレントと足並みをそろえて抑え気味にしていたが、独立後は抑える必要がなく、いつの間にかギャラがアップ。最新シングルはNHKのリオ五輪中継のテーマ曲で、ライブのチケットは常に完売で1億円の価値は十分にある」(広告代理店関係者)

 2人に続くのは9000万円から1億円でアイドルグループ・AKB48、フジテレビで主演ドラマが放送中の松嶋菜々子。最近さっぱり話題のない歌手の浜崎あゆみはそれに続く8000~9000万円でいまだに強気の値段設定。

 続いては7000~8000万円で天海祐希、小泉今日子、篠原涼子、仲間由紀恵、松田聖子ら大物にフリーアナの滝川クリステル、新垣結衣が肩を並べる。

 先月、テレビ放送の調査・測定を行う「ニホンモニター」が発表した「2016上半期タレントCM起用社数ランキング」のタレントを見ると、12社で“CM女王”のマツコ・デラックスは5000~6000万円。マツコに続く11社の有村架純は4000~5000万円、広瀬すずと吉田羊は3500~4000万円となっている。

 「名前が出た中では、松嶋、浜崎あたりは金額が金額だし、それほどの宣伝効果はないので、なかなかオファーしづらい。2人とも、ギャラを下げてこれまでのタレントイメージを壊すような斬新なCMに挑戦すれば再ブレークしそうだが…」(同)

 ギャラに本数をかけた稼ぎでいけば、6億円以上は稼いでいるマツコが“CM女王”のようだ。

最終更新:8月10日(水)14時45分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。