ここから本文です

【柔道女子】田代未来 フランスの天敵に敗れ3位決定戦へ

東スポWeb 8月10日(水)4時35分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ9日(日本時間10日)発】柔道女子63キロ級準決勝で、昨年世界選手権3位の田代未来(22=コマツ)が難敵クラリス・アグベニュー(23=フランス)に優勢負けを喫して金メダル獲得はならなかった。

 パワフルな柔道が持ち味のアグベニューには過去5戦全敗。大会前から田代が最も意識していた相手だ。序盤から激しい組み手争いを繰り広げたが、どうしても相手に先に技を仕掛けられてしまう。攻め手が見いだせないまま、大内刈り、内股の猛攻を浴びた。

 なんとかしのいでいたが、残り30秒というところで場外に足が出てしまい、痛恨の「指導」を取られた。わずかな残り時間で必死の反撃を試みるも及ばず、3位決定戦に回ることになった。

 女子代表は田代の敗戦で、4日目まで金メダルゼロのままだ。

最終更新:8月10日(水)4時53分

東スポWeb