ここから本文です

19歳白井、鮮烈五輪デビュー!日本体操史上最年少金メダル!東京も任せた

デイリースポーツ 8月10日(水)6時3分配信

 「リオ五輪・体操男子団体・決勝」(8日、リオ五輪アリーナ)

 男子の団体総合決勝を行い、予選4位の日本(内村航平、加藤凌平、田中佑典、山室光史=ともにコナミスポーツ、白井健三=日体大)は合計274・094点で、04年アテネ五輪以来3大会ぶり7度目の金メダルを獲得した。

 やはりこの男は体操ニッポンの未来を担う男だ。あん馬、つり輪で出遅れたチームを、白井が一気に勢いづけた。跳馬で最終演技者で登場。自身の名が付くシライ/キムヒフンをピタリと決め、チーム最高の15・633点をマークし、追い上げムードを作り上げた。

 極めつけは、予選では失敗があった最終種目の床。「鉄棒で終わるストーリーを思い描いていたので、結構責任デカいところで回ってきたなと思った」と笑ったが、その強心臓は揺るがない。トップバッターを任されたが、最後のシライ(後方伸身宙返り4回ひねり)まで完遂し、金メダルを決定づけた。何度も拳を振り上げたあと、苦笑いで胸をさすった。「人生で一番心臓に悪い日だった。でも人生で一番幸せな日になりました」と、笑顔で振り返った。

 床と跳馬で圧倒的な力を披露する“ワンダーボーイ”は、内村から後継者としての期待をかけられている。ある時、つり輪の力技に悩んでいた白井に内村はある技をやってみせた。力を入れるバランスが重要な中水平。それは08年北京五輪前、当時のエース冨田洋之が、同じくつり輪に苦しんでいた内村に手本として示した技だった。「健三には日本一になってもらいたいし、世界一にもなってもらいたい。床と跳馬以外をどうするか。そこは僕が教えればいい」

 20年東京五輪では間違いなく中心になる存在。「北京、ロンドンと負けるのを見てきた。勝ったチームに自分がいられる幸せを感じる。今後の糧にしたい」。エースの系譜を受け継ぐ19歳が、鮮烈に五輪デビューを飾った。

最終更新:8月10日(水)7時23分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]