ここから本文です

子ブタ映画『ベイブ』から21年 幻のポスターロゴ

シネマトゥデイ 8月10日(水)10時0分配信

 子豚のベイブを主人公にした心温まる映画『ベイブ』(1995)の幻のポスターロゴ案を5日(現地時間)、アカデミー賞の公式Instagramが公開して話題を呼んでいる。アカデミー賞公式サイトではロゴとポスターのデザインを担当したトム・マーティンが作成時の秘話を語っている。

【写真】都会に行ったベイブ

 牧羊豚になることを夢見る子豚ベイブの活躍を描いた本作は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのジョージ・ミラー監督が製作を担当したオーストラリア映画。収穫祭の賞品として農場主アーサーの手に渡ったベイブは牧羊犬やほかの動物たちとともに、ご馳走になる危険にさらされながらもマイペースに成長していく。

 アメリカで1995年に公開され大ヒットを記録した本作のポスターは、ベイブと牧場の動物たちが向かい合い、シンプルな白文字で「BABE」と書かれている。しかしそのデザインにたどり着くまでにデザイン担当のマーティンは試行錯誤を繰り返したようで、様々なデザインのロゴのスケッチが今回Instagramで公開された。

 インタビューで、ポスターデザインのためにオーストラリアまでアメリカから駆けつけたことを明かすマーティンは、「撮影現場では動物たちがトレーニングされていた。特にベイブ役の子豚は2、3週間ですぐ成長するから子豚を訓練して撮影して、また新しいのを訓練して撮影してを繰り返していた」と当時を振り返っている。(編集部・海江田宗)

最終更新:8月10日(水)10時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。