ここから本文です

【柔道女子】63キロ級・田代未来は5位 涙浮かべ「申し訳ない」

東スポWeb 8月10日(水)5時14分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ9日(日本時間10日)発】柔道女子63キロ級3位決定戦で、昨年世界選手権3位の田代未来(22=コマツ)がゲルビ(イスラエル)に優勢負けし、銅メダルを逃した。

 相手は一枚上だった。組み手で優位に立たれると、腰車で「有効」、勝負にいった内股もすかされて「技あり」を奪われた。ポイントで後のなくなった田代は必死に前に出た。相手には「指導」が3度与えられたが、あと一歩及ばす。メダルに届かず5位に終わった。

 田代は目に涙を浮かべながら「本当にここまでたくさんの方々が支えてくれて背中を押してくれたのに、こういう結果になって申し訳ない。(準決勝で難敵アグベニューに健闘したが)勝たなきゃ意味がない」と話した。

 ここまで銅メダル3個の女子代表では、初めてメダルを逸した。この悔しさは4年後に東京で晴らすしかない。

最終更新:8月10日(水)5時14分

東スポWeb