ここから本文です

日台のデザインセンターが協力覚書 華人向け製品を共同開発へ

中央社フォーカス台湾 8/10(水) 19:05配信

(台北 10日 中央社)台湾デザインセンターは10日、富山県総合デザインセンターと協力覚書(MOU)に調印した。経済部(経済省)工業局は、デザイン分野における交流の深化や、商品開発など多方面での協力の実現に期待を示した。

日本の地方自治体・関連団体とのMOU締結は、昨年4月の東京都墨田区に続くもの。同局によると、台湾デザインセンターは今後、国際水準のデザイン能力を有するチームを3~5組選出。富山県の金属工芸品産業と交流を深め、共同で全世界の華人をターゲットとした新製品を開発する。

調印式には工業局の呉明機局長と富山県の石井隆一知事も出席した。

(黄巧ブン/編集:杉野浩司)

最終更新:8/10(水) 19:05

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。