ここから本文です

“駅生ビール”拡大中…首都圏で売上トップはどこ?

レスポンス 8月10日(水)12時15分配信

駅の改札を抜ける途中で生ビールをグイッ。JR東日本リテールネットは、エキナカコンビニ「NewDays」で、「樽生ビール」の販売店舗を8月から拡大。「好評のため8月を目途に約50店舗に拡大させる」(同社)という。

[関連写真]

同社が展開する“樽生”は、「アサヒスーパードライ樽生ビール 545ml」。レジで専用カップを購入、サーバーにセットし、ボタンを押すと自動で樽生ビールが注がれる。価格は420円(税込)。

7月時点で、NewDaysの大崎北口、大宮西口、葛西臨海公園、亀戸、北浦和、五井、さいたま新都心、品川、新浦安、仙台新幹線南改札内、立川、ミニ長野2、府中本町、舞浜3、松本銘品館、水戸7号、南与野、両国8号などで取り扱う。同社は「8月4日現在、41店で“駅生”が楽しめるようになった」という。

「生ビール 始めました」と壁面に大きく記されたNewDaysミニ両国8号では、店内に「生ビール420円」と目立つポップを立てて案内。「両国国技館を見にきた」というフランス人男性2人組が、専用カップに入った“黄金色”を手に店から出てきた。

2人は「インスタグラムで『生ビール』っていう字を覚えて、オーダーしてみた。駅で買えると思わなかった」と笑いながら、カップを持ち上げた。

NewDaysなどで生ビールの販売が始まったのは2015年7月。「ことしで2年目。好評のため、8月から新たに信濃町駅でも始まり、これで42店舗に。いつもの缶ビールとは違う、樽生ビールをエキナカで。駅や列車内で一服の清涼感をぜひ」と同社。

同社は、8月3日時点で“生ビールが最も売れる店”について「NewDays 池袋西口」とも教えてくれた。池袋は、JR単体で1日平均乗車人員55万6780人(2015年度)と、新宿に次ぐJR東日本エリア第2位の駅。この巨大ターミナルの西口改札外にある同店は、6月4日にリニューアルオープン。東京メトロ丸ノ内線や有楽町線との乗り換えルートの途中にあり、朝6時から深夜0時まで営業している。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:8月10日(水)12時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]