ここから本文です

アデル、来年のスーパーボウル・ハーフタムショーに出演へ?

cinemacafe.net 8月10日(水)16時15分配信

アデルが来年に行われる第51回スーパーボウルのハーフタイムショー出演に向けて交渉中のようだ。

【写真】アデル/フォトギャラリー

アメリカンフットボール(NFL)の上層部はアデルの獲得に向けてあらゆる手立てを尽くしていると言われており、ある関係者は「The Sun」紙に「いま、世界ではアデル以上にビッグなアーティストはいませんから、主催者側はアデルに出演してもらおうと全力を尽くしています。アデルはツアーも完売ですし、誰もが興味を示す存在ですので、アデルが出演すれば高視聴率は確実だと見込んでいるんです」と話す。

しかしアデルはステージに立つことにとても緊張することで知られているため、その関係者は「問題があるとすればアデルの精神面なんです。交渉は簡単にはいっていません」と続けた。

アデルの出演が決まれば、来年2月5日(現地時間)にヒューストンのNRGスタジアムで開催されるスーパーボウルのハーフタイムショーという大舞台に立つことになる。

また、アデルの親しい友人で「レメディ」を共に作曲したことでも知られるワンリパブリックのライアン・テダーも来年度のステージに立つのではないかといううわさもある。

(C) BANG Media International

最終更新:8月10日(水)16時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。