ここから本文です

山室光史、金メダルに涙 あん馬抜擢もいきなり落下「みんなに助けられた」

デイリースポーツ 8月10日(水)6時3分配信

 「リオ五輪・体操男子団体・決勝」(8日、リオ五輪アリーナ)

 男子の団体総合決勝を行い、予選4位の日本(内村航平、加藤凌平、田中佑典、山室光史=ともにコナミスポーツ、白井健三=日体大)は合計274・094点で、04年アテネ五輪以来3大会ぶり7度目の金メダルを獲得した。

 金メダルが決まると、自然と涙があふれてきた。1種目目のあん馬に抜擢された山室だったが、いきなりの落下。得意のつり輪では苦しい場面を何とか耐えきり、後続につないだ。ロンドン五輪では団体決勝の跳馬で左足を骨折。最後まで演技できず、チームは銀メダルだっただけに「本当にみんなに助けられた。今まで試合で泣いたことなかったんですけど、ビックリするぐらい涙が出てきた」と感慨に浸った。

最終更新:8月10日(水)7時28分

デイリースポーツ