ここから本文です

あなたのデザインがマンU、レアルらのユニフォームに 「アディダス」社が公募

ISM 8月10日(水)17時32分配信

 自分のデザインが世界的な有名クラブのユニフォームに採用されたら…そんな夢がかなうかもしれない。独スポーツ用品メーカー「アディダス」社が、マンチェスターU(イングランド)やレアル・マドリー(スペイン)などのクラブのサードユニフォームデザインを一般公募している。スペイン『AS』紙(電子版)が現地時間9日に報じた。

 シーズンの開幕が近づき、各クラブが新ユニフォームのデザインを発表。それを受け、なかには「自分ならもっとカッコいいユニフォームを作れる」と感じるサポーターもいるのではないか。そんなファンには、絶好のチャンスだ。

 この度「アディダス」社は、2017-18シーズンのサードユニフォームのデザインの募集開始。受けつけているのはマンU、レアルのほかミラン、ユヴェントス(以上イタリア)、フラメンゴ(ブラジル)、バイエルン(ドイツ)の計6チーム。HP上でデザインして応募し、ユーザー投票などにより“勝者”が決まる。デザインが選ばれると、そのユニフォームがサードユニフォームとして使用される。

最終更新:8月10日(水)17時32分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。