ここから本文です

パナソニックがソフトウェア会社を買収、車載情報機器と運転支援を融合する

MONOist 8月10日(水)8時25分配信

 パナソニックは2016年8月9日、ドイツの車載ソフトウェア開発会社のOpenSynergyを子会社化したと発表した。OpenSynergyの全株式を同年7月22日に取得した。同社のソフトウェア技術を活用し、車載情報機器の機能と運転支援システムを統合した次世代コックピットシステムの開発を強化する。

 OpenSynergyは、自動車のメータークラスタやヘッドユニット、運転支援システム、カーコネクティビティシステムを統合するコックピットソリューション向けのソフトウェアを専門とする。コックピットシステムやカーコネクティビティシステムに向けたモジュラーソフトウェア開発キット「COQOS SDK」やBluetoothスタック「Blue SDK」などの製品を展開している。

 また、OpenSynergyはさまざまな車載ソフトウェア関連の団体に参加している。Bluetooth SIG、GENIVIアライアンス、ARMコネクテッドコミュニティー、Automotive Grade Linux、Linux Foundation、Artopなどのメンバーとなっている。

 パナソニック インフォテインメントシステム事業部長の上原宏敏氏は、OpenSynergyを買収した狙いについて「次世代コックピットシステムを実現し、自動運転を見据えたコックピットシステムと先進運転支援システムの融合へ大きく前進するため」とコメントしている。

 現在、カーナビゲーションシステムやオーディオなど車載情報機器と、ヘッドアップディスプレイなどを活用して注意喚起する運転支援システムは、個別のシステムで制御されている。今後、ドライバーに直感的に分かりやすく情報を伝達する上では、車載情報機器と運転支援システムのシステム統合を進めていくことが必要だとしている。

 OpenSynergyは、パナソニックによる子会社化後も引き続き、ティア1サプライヤや自動車メーカーに対してソフトウェアソリューションを提供する。パナソニックとのシナジーを、よりよいソリューションの展開につなげていく。

最終更新:8月10日(水)8時25分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]