ここから本文です

<SDガンダム>コミックボンボンの人気マンガシリーズが電子書籍で復活 26日配信開始

まんたんウェブ 8月10日(水)20時48分配信

 講談社は、2007年に休刊した人気マンガ誌「コミックボンボン」のコミックスを電子書籍化し、26日から配信を始めると10日、発表した。第1弾は「SDガンダム外伝 騎士ガンダム物語」「SDガンダム外伝 特別版 騎士ガンダム物語」「SD武者ガンダム風雲録」「SD新武者ガンダム」の4作品。価格は各巻500円の見通し。

【写真特集】懐かしい!ボンボンの「SDガンダム」シリーズ

 一般配信に先立ち、Google Playで「SDガンダム外伝 騎士ガンダム物語」が12日、「SD武者ガンダム風雲録」が18日から先行配信される。「コミックボンボン」の電子書籍化は、同誌が最も人気のあった1980~90年代の作品では初めてという。

 「コミックボンボン」は、小学館の「コロコロコミック」と人気を二分した子供向けのマンガ誌で、81年11月に創刊。「機動戦士ガンダム」シリーズのコミカライズやプラモデルをテーマとした「プラモ狂四郎」などが人気を集めた。「コロコロ」との競争に敗れる形で2007年12月に休刊したが、15年にインターネット番組「ボンボンTV」として復活。チャンネル登録者は30万超の人気を誇る。

最終更新:8月10日(水)21時43分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。