ここから本文です

アメリカ代表からの“感謝ツイート”も。ケイティ・ペリー、リオ五輪選手へ向けた応援歌MV公開

M-ON!Press(エムオンプレス) 8/10(水) 17:43配信

プリンセスオブポップ、ケイティ・ペリーが新曲「ライズ」をリリース、世界56の国と地域のiTunesで1位を獲得した。

【詳細】「ライズ」MVはこちら

この楽曲は米・NBC局のリオ五輪公式テーマソングとして起用されているナンバー。歌詞の内容が「君にはわかる、自分でわかってる。倒れても立ち上がって、ひたすら闘うだけ。驚かないで、まだまだ私は立ち上がるから」と強いメッセージ性があることから、アメリカ代表選手の応援歌になっている。

解禁となったミュージックビデオは、アメリカ・ユタ州とカリフォルニア州にて撮影され、ケイティがピンクのパラシュートで大地に飛び立とうとするも何度もくじけ、それでも諦めずに立ち上がり続けるという、歌詞とリンクした内容になっている。

公開される否や、アメリカ代表選手や元選手たちが“感謝のツイート”をしたことでも話題となっている。

【アメリカ代表/元代表選手から“感謝ツイート”一覧】
・リンジー・ホラン選手(女子サッカー)「この曲のビデオ、最高」
・セージ・コッツェンバーグ選手(スノーボード)「<ライズ>のビデオを観て、リオ五輪がますます楽しみになった」
・ミッシー・フランクリン選手(水泳)「オリンピックがテーマのケイティの<ライズ」>のビデオを見逃すな!」
・ココ・ホー選手(サーフィン)「ケイティの<ライズ>のビデオを観るの、すごく楽しみ!」
・ジェニー・フィンチ元選手(ソフトボール)「ケイティの<ライズ>のビデオを観ると、オリンピックに出場したときのことを思い出すわ。みんな、リオ五輪に備えてビデオを見てね!」
・ジョーダン・バロー選手(レスリング)「この曲を聴いてリオ五輪に備えよう。俺には勝利の血が流れている!」

リリース情報
2016.07.15 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ライズ」

ケイティ・ペリー OFFICIAL WEBSITE
http://www.universal-music.co.jp/katy-perry/

最終更新:8/10(水) 17:43

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]