ここから本文です

リブート版「チャーリーズ・エンジェル」脚本家は異例の人選

映画.com 8月10日(水)21時30分配信

 [映画.com ニュース] リブート版「チャーリーズ・エンジェル」の脚本を、劇作家のデビッド・オーバーンが執筆することになった。米ハリウッド・レポーター誌が報じている。

 同作は、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューが主演を務めた「チャーリーズ・エンジェル」(2000)と「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」(03)に続く映画版第3弾で、キャストを一新する。メガホンをとるのは「ピッチ・パーフェクト2」で監督デビューを果たした女優エリザベス・バンクス。脚本家にオーバーンを抜てきしたのもバンクスの意向だという。

 オーバーンは、2000年にニューヨークのオフブロードウェイで開演した舞台劇「Proof」でピュリッツァー賞やトニー賞を受賞。同作は、グウィネス・パルトロウ主演で「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」として映画化されている。ほか「イルマーレ」「ミッシング 消された記憶」などの映画脚本を手掛けているものの、小規模の舞台劇を中心に活動している。

 3人の女性探偵の活躍を描いた、70年代のテレビシリーズを原作にした映画の脚本家としては異例の人選だが、バンクスとソニー・ピクチャーズのこだわりだという。「3人のエンジェルをダイナミックかつ地に足のついたキャラクターにできる彼の能力は、とてもエキサイティングです」とバンクスは説明。前2作とは異なり、深いキャラクター造型ができる脚本家を求めていたという。

 なお、キャストはまだ決まっていない。

最終更新:8月10日(水)21時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。