ここから本文です

第3のプラットフォーム向けITサービス市場は2020年まで高成長率で拡大

エコノミックニュース 8/10(水) 7:06配信

 IT専門調査会社 IDC Japanは、クラウドサービス、ビッグデータを含むビジネスアナリティクス、エンタープライズモビリティ、ソーシャルビジネスからなる第3のプラットフォーム向けのITサービス市場について支出額予測を発表した。

 IDCでは国内ITサービス市場における「第3のプラットフォーム」の影響を分析するため、第3のプラットフォームを構成する上記4分野それぞれ向けのITサービス支出額について、2020年までの予測を行った。調査の結果、国内ITサービス市場全体が2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)1.7%と低成長で推移する中で、第3のプラットフォーム向けITサービス市場の各分野は非常に高い成長率で拡大すると予測している。

 この内、特に大幅な成長が見込まれるのがクラウドサービス向けITサービス市場だという。2015年の支出額規模が既に3,848億円に達しているが、2015年~2020年のCAGRが34.9%と非常に高い水準を維持し、2020年には1兆7,205億円になると予測している。国内ビジネスアナリティクス向けITサービス市場は、同期間のCAGR 8.9%とクラウドサービス向けには及ばないが、国内ITサービス市場全体と比較すると高い成長率で拡大を継続する。同期間の国内エンタープライズモビリティ向けITサービス市場はCAGR21.6%、国内ソーシャルビジネス向けITサービス市場は規模が小さいものの、CAGRは30.2%とやはり高い水準で成長するとしている。

 さらにIDCではこれら4分野すべてで、2019~2020年に前年比成長率が再上昇すると予測している。その主要な原動力となるのが、企業/産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)。予測期間後半にかけて、企業や産業のDXに対する取組みが本格化することにより、それを支えるプラットフォームとなる第3のプラットフォームの導入や運用を支援するためのITサービスが拡大していくためだという。

 第3のプラットフォーム向けITサービス市場はDXを原動力として相互に影響しつつ全分野で高成長を継続する一方、第2のプラットフォーム向けのITサービス市場は縮小に向かい、予測期間後半にかけてその縮小幅は拡大する。「ITサービスベンダーは、第3のプラットフォーム向けITサービス市場におけるサービスが、既存システム領域の第3のプラットフォームへの対応を支援するものと、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)の支援に区別されることを理解し、それぞれに最適なサービスを提供していく事が重要である」とIDC Japan ITサービス シニアマーケットアナリストの植村卓弥氏は述べている。(編集担当:慶尾六郎)

Economic News

最終更新:8/10(水) 7:06

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。