ここから本文です

【凱旋門賞】マカヒキ 11日にルメール騎乗で追い切り

東スポWeb 8月10日(水)11時17分配信

 10月2日に行われる仏GI凱旋門賞(シャンティイ競馬場、芝2400メートル)に挑戦する今年の日本ダービー馬マカヒキ(牡3・友道)は、11日にルメール騎乗で追い切りを行う。その後12日に栗東トレセン内の検疫厩舎に入り、17日の国内最終追い切りを経て19日に出国する。

 現地フランスでは小林智厩舎に滞在して調整、9月11日のGIIニエル賞を経由して本番に向かう。

最終更新:8月10日(水)11時50分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。