ここから本文です

Adobe、「Experience Manager」の脆弱性を修正

ITmedia エンタープライズ 8月10日(水)8時9分配信

 米Adobe Systemsは8月9日、法人向けコンテンツ管理システム「Adobe Experience Manager」の脆弱性を修正するホットフィックスを公開した。一方、今年に入ってほぼ毎月のようにリリースされていたFlash Playerのセキュリティアップデートは今回は公開されていない。

 Adobeのセキュリティ情報によると、Experience Managerの脆弱性はバージョン5.6.1と6.0~6.2に存在し、Windows、Unix、Linux、OS Xの各プラットフォームが影響を受ける。

 入力値検証やバックアップなどの機能に4件の脆弱性があり、悪用されればクロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を仕掛けられたり、情報が流出したりする恐れがある。

 緊急度は4段階評価で上から2番目の「重要」、優先度は「2」に指定され、30日以内を目安としてホットフィックスの適用を呼び掛けている。

最終更新:8月10日(水)8時9分

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]