ここから本文です

仮想空間が現実に!?最新VRゲームの世界で8人の男女が命懸けの戦闘

映画ナタリー 8月10日(水)12時0分配信

近未来のアメリカ・ニューヨークを舞台に、仮想空間での戦いを描く「The Call Up」が、「VR ミッション:25」の邦題で日本公開される。

本作は、最新型バーチャルリアリティゲームの体験版をいち早くプレイできるチャンスを得たゲーマー8人が、仮想空間でリアルな戦闘に巻き込まれるSFアクションスリラー。プレイヤー自身がゲームのキャラクターになり、銃やナイフを持ってテロリストと死闘を繰り広げる。監督・脚本を担当したのは、本作が長編デビュー作となるチャールズ・バーカー。「イントゥ・ザ・ストーム」のマックス・ディーコンが主演を務め、モーフィッド・クラーク、クリストファー・オビ、パーカー・ソウヤーズが共演に名を連ねた。

「VR ミッション:25」は11月19日より東京・池袋HUMAXシネマズ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。

最終更新:8月10日(水)12時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。