ここから本文です

山崎首位発進プロ初Vチャンス “阪神西岡と同期”高校球児から転身の32歳

デイリースポーツ 8月10日(水)6時3分配信

 「デイリー主催・兵庫県オープン・第1日」(9日、センチュリー三木GC=パー72)

 プロ6年目の山崎宏(32)=聖丘CC=が8バーディー、1ボギーの65で回り、首位スタートを切った。1打差の2位にベテランの大井手哲(54)=ダイチク=ら3人が続いた。アマチュアのトップは3アンダーで回った石過功一郎(17)=クラーク記念国際高3年。プロはイーブンパーまでの57人、アマは5オーバーまでの24人が最終日(10日)の決勝ラウンドに進んだ。

 まだ朝モヤの煙る午前7時、朝一番の組で出た山崎が会心のプレーで首位に立った。出だしの1番で残り110ヤードの第2打を10センチにつける“おはようバーディー”で波に乗り、8バーディーを量産。ボギーは第1打を右の林へ打ち込んだ最終18番だけにとどめた。

 「調子が良くなかったので、丁寧にゴルフをしようと心掛けたのが良かった」。4番と8番では第1打をミスして暫定球を打ったが、どちらも正球が生き残っていた。16番は20メートルのパットが入ってバーディー。「ラッキーが重なった1日」と笑顔で振り返った。

 プロ6年目の32歳。今季、下部ツアーに初参戦を果たしたが、レギュラーツアーはまだ一度も出場したことはない。初芝高(現・初芝立命館高)時代は野球部で捕手として活躍。02年夏の大阪大会では、現阪神の西岡剛を擁する大阪桐蔭に惜しくも決勝で敗れ、甲子園出場を逃した。

 卒業後は大学進学も決まっていたが、「自分の力ではプロ野球選手になるのは難しい」と野球の道を断念。父の勧めもあって20歳から本格的にゴルフを始め、11年のプロテストで実に6回目の挑戦で合格を果たした。

 現在は大阪・聖丘CCのキャディーマスター室で働きながら、ツアーでの活躍を目指している。「ゴルフ場や周りの多くの方からサポートしていただいているので、なんとか結果を出して恩返ししたい」。野球で同期だった西岡や吉見一起(中日)からも刺激を受けているという。

 3打差以内に14人がひしめく大混戦。「あすは気持ちが入りすぎて空回りしないように。順位は気にせず、自分のゴルフを一生懸命したい」。プロ初優勝のビッグチャンスを目の前に、山崎は静かに闘志を燃やした。

最終更新:8月10日(水)8時1分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]