ここから本文です

Google、ChromeでのFlashブロックをさらに推進、12月にHTML5をデフォルトに

ITmedia ニュース 8月10日(水)10時37分配信

 米Googleは8月9日(現地時間)、ChromeブラウザでのAdobe Flash Player利用削減の取り組みの今後の予定について発表した。

 9月に公開を予定している「Chrome 53」の安定版で、Webページの解析などのために背後で稼働するタイプのFlashをブロックするようにする。こうしたFlashは現在Web上で読み込まれるFlashの9割以上を占めており、ページの読み込みを遅くしているという。

 さらに、12月に予定している「Chrome 55」の安定版で、FlashではなくHTML5をデフォルトに設定する。

 HTML5でFlashの機能を実現できるWebサイトについてはHTML5を優先し、Flashが必要なWebサイトでは、ユーザーが初めて閲覧した際にFlashの実行を許可するかどうかを選択する画面をまず表示する。いったんFlashの使用を選択すれば、Chromeがその設定を記憶して、そのドメインではFlashを実行する。

 法人についてはポリシー設定で「常にFlashコンテンツを実行する」などのオプションを提供し、社内のユーザーにとって適切な措置を選択できるようにする。

 Googleは、「FlashはWebをリッチでダイナミックなものにすることを助けてきた。われわれは今後もAdobe Systemsと密接に協力し、ユーザーのWeb体験を可能な限り速く安全にし、WebのHTML5への移行を支援していく」としている。同社はHTML5はFlashよりもページ読み込みが速く、バッテリー消費が少なく済み、セキュアでもあるとしている。

 GoogleはChromeでの“Web高速化”の一環として、2015年9月公開の「Chrome 45」で、デフォルトでFlashを停止する設定にした。

最終更新:8月10日(水)10時37分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]