ここから本文です

【卓球】丹羽 逆転負けで4強ならず

東スポWeb 8月10日(水)11時31分配信

 9日(日本時間10日)の卓球男子シングルス準々決勝で、丹羽孝希(21=明大)はロンドン五輪金メダルの張継科(28=中国)と対戦。善戦むなしく1―4で逆転負けし、4強入りはならなかった。

 第1ゲームは丹羽がリード。強打とチキータ(バックハンドで回転をかけながらのレシーブ)を織り交ぜ、張のミスも誘って11―5で取った。しかし、見せ場はここまで。目を覚ました張は9ポイント連続奪取で第2ゲームを奪うと、そこから3ゲームを連取。丹羽は張の強打をカウンターで返すなど応戦したが、押し込まれてからの守備が甘くなった。

 試合時間は34分。前回王者に地力の差を見せつけられたとはいえ、4回戦までの戦いぶりは成長を感じさせるものだっただけに、4年後の東京五輪につながる大会になった。

最終更新:8月10日(水)11時35分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。