ここから本文です

レンジャーズのフィルダーが100億円の契約残して引退へ 父は元阪神の主砲

デイリースポーツ 8月10日(水)8時26分配信

 大リーグ、レンジャーズが10日(日本時間11日)に本拠地で記者会見を行い、首の手術で今季絶望となったプリンス・フィルダー内野手(32)の引退を発表する、と9日、大リーグ公式サイトなど、複数の米メディアが伝えた。

 元阪神の助っ人、セシル・フィルダーの息子でもあるプリンスは05年にブルワーズでメジャーデビュー。07年に50本塁打を放って本塁打王に。セシルが阪神退団後の90年に54本塁打で同タイトルを獲っており、史上初めて親子50本塁打を達成した。09年には打点王も獲得した。

 11年オフにタイガースと9年2億1400万ドル(約218億円)の超大型契約で合意。13年オフにレンジャーズへトレードされたが、その後は首のけがに悩まされ、14年は42試合の出場で3本塁打、16打点。昨季は158試合で23本塁打と復活の兆しを見せたが、今季は再び、首の状態が悪化し、89試合で打率・212、8本塁打、44打点。7月に首のヘルニアでシーズン絶望の手術を受けた。

 大リーグ公式サイトによると、現役続行に関してドクターストップがかけられたという。

 フィルダーのメジャー12年の通算成績は1611試合、打率・283、319本塁打、1028打点。今季の年俸は2400万ドル(約24億4千万円)。契約満了は20年。4年9600万ドル(約98億円)の契約を残して引退することになる。

最終更新:8月10日(水)13時31分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。