ここから本文です

「用地確保を加速し整備」 環境相、中間貯蔵施設で

福島民報 8月10日(水)11時6分配信

 山本公一環境相は9日、東京電力福島第一原発事故に伴う除染廃棄物を保管する福島県大熊町の中間貯蔵施設建設予定地を視察した。報道陣に対し「用地確保を加速化させ、施設を早期に整備したい」と述べた。
 中間貯蔵施設について「地権者に一層丁寧に説明していきたい」と強調。「前環境相との引き継ぎは9割が福島に関する内容だった。地元と信頼関係を築いていきたい」と述べた。
 郡山市の富岡町郡山事務所で宮本皓一町長、大熊町大川原連絡事務所で渡辺利綱町長と懇談した。伊藤忠彦副大臣、井林辰憲政務官が同行した。

福島民報社

最終更新:8月10日(水)12時51分

福島民報