ここから本文です

【バスケット女子】猛追及ばずトルコに惜敗

東スポWeb 8月10日(水)11時31分配信

 リオ五輪バスケットボール女子1次リーグA組で2連勝の日本は9日午後(日本時間10日)、トルコと対戦し62―76で惜敗。勝ち点5で6チーム中2位につけているが、準々決勝に進める上位4チームに残れるかは予断を許さない状況だ。

 悔やまれる序盤戦だった。日本はトルコのしつこい守備と素早い攻守の切り替えに苦しめられ、反則も重ねて第1クオーター(Q)で9―24と大差をつけられた。第2Qで一時は25点まで差を広げられたが、そこから猛追。前半は入らなかった3ポイントシュートが次々と決まり、第3Qに9点差に迫ったが、この日30得点以上のサンダースが獅子奮迅の活躍をしたトルコに突き放された。

 A組は各チームが3試合を終え、1位は勝ち点6のオーストラリア。日本とフランスが5点で、得失点差で上回る日本が2位。これを4点のベラルーシとトルコ、3点のブラジルが追う。日本の残る相手はオーストラリアとフランスで、いずれも世界ランキング5位以内(日本は16位)。次戦(日本時間12日朝)のオーストラリア戦は大一番となる。

最終更新:8月10日(水)11時55分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。