ここから本文です

もうすぐ「ペルセウス座流星群」のピーク 8月12日の夜半から13日未明にかけてが見頃

ねとらぼ 8月10日(水)12時18分配信

 国立天文台は、三大流星群の1つである「ペルセウス座流星群」の活動がまもなくピークになることを伝えています。日本時間の8月12日22時頃が最も活発になると予想され、月が沈んだ後の夜半頃(13日未明にかけて)が見頃となります。

【夏の夜、流れ星を数えよう 2016】

 11日の夜半から12日未明にかけてと、13日の夜半から14日にかけても多くの流星が見られるとのことで、ピークの前後である8月7日頃から15日頃までも普段より多くの流星が見えるそうです。

 ペルセウス座流星群は、夜空が十分に暗い場所で観察すれば、多くて1時間当たり45個以上の流星を見ることができます。さらに今年は例年よりも活動が活発なため、より多く見られるとの予想がされています。

 国立天文台は観察のタイミングに合わせて「夏の夜、流れ星を数えよう 2016」キャンペーンを実施。8月10日正午~16日正午まで、流星がいくつ見えたかの報告を募集し、その後考察などを加えた最終集計結果を公開するとのこと。また、参加者の中から抽選で10人にオリジナルロゴシールがプレゼントされます。

 さらに、ニコニコ生放送では「ニコニコ天体観測 ペルセウス座流星群2016を見よう」の放送を予定。天体写真家の及川聖彦さん、タレントで宇宙女子の黒田有彩さんが出演し、ピークである8月12日21時~13日朝まで生中継します。

(宮原れい)

最終更新:8月10日(水)12時18分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]