ここから本文です

米国・ミサイル防衛局長、11日に韓国訪問へ…THAAD配置議論か

WoW!Korea 8月10日(水)14時2分配信

米国・国防総省傘下のジェームズ・シリング(海軍中将)ミサイル防衛局長が11日、訪韓する。

 シリング局長は米国のミサイル防衛(MD)システムを総括している人物であるだけに、訪韓期間中、韓国当局と高高度防衛ミサイル(THAAD)配置についての議論をするものとみられる。

 韓国国防部の関係者は10日「シリング局長があす(11日)訪韓する」とし「米国の世界ミサイル防衛総責任者」と説明した。

 シリング局長は訪韓期間中、韓国軍の関係者に会いTHAAD配置についての議論をすると伝えられており、全体的な北朝鮮核ミサイル防衛戦略についても意見を交換することがわかった。

最終更新:8月10日(水)14時2分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。