ここから本文です

GM、自動運転車の公道テストを米国で拡大…ベースは ボルトEV

レスポンス 8月10日(水)16時18分配信

米国の自動車最大手、GMは8月8日、自動運転車の公道テストを米国アリゾナ州でも開始した、と発表した。

画像:ボルトEV

GMの最新の自動運転車のプロトタイプは、1月のデトロイトモーターショー16で初公開された『ボルトEV』がベース。ボルトEVは小型の5ドアハッチバック。

EVパワートレインは、高性能なモーターを1個だけ搭載。最大出力は200hp、最大トルクは36.8kgmを引き出す。強力なモーターは、0-96km/h加速7秒以下の性能を発揮する。

二次電池は、韓国LGエレクトロニクスと共同開発した蓄電容量60kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電での最大航続可能距離は、およそ320km。急速チャージャーを使えば、145km程度の走行に必要なバッテリー容量を、およそ30分で充電できる。

今回GMは、このボルトEVベースの自動運転車の公道テストを、米国アリゾナ州でも開始。これは、今春から行われていたカリフォルニア州サンフランシスコに続く形。GMは自動運転車の早期実用化を目指して、研究開発を強化していく。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月10日(水)16時18分

レスポンス