ここから本文です

被災した東北3県と熊本県「Pokemon GO」とコラボ レアポケモンの出現も検討

ITmedia ニュース 8月10日(水)12時46分配信

 宮城県、岩手県、福島県、熊本県は8月10日、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」とのコラボレーションを実施すると発表した。東日本大震災、熊本地震で被災した4県が開発・運営元のNianticと協業し、アイテムが手に入る拠点「ポケストップ」を追加するなどして観光誘致に活用する。

【コラボ内容の一覧】ポケストップの追加など

 具体的にはポケストップ、ポケモンジムなどの拠点を追加するほか、観光客がポケストップやジムをめぐれるように周遊ルートを作成したり、イベントを開催したり――などを予定。宮城県が4県の取り組み内容をまとめながら、具体的なポケストップの設置数などの詳細を協議する。Nianticによれば「レアなポケモンの出現も、アイデアの1つとして検討する」という。

 宮城県の村井嘉浩知事は「震災復興は着実に進んでいるが、風評による観光客数の減少、記憶の風化を懸念している」とコメント。現実の世界を歩き回るPokemon GOの特徴を生かし、観光客を呼び込む考えだ。

 岩手県の達増拓也知事は、これまでにもNianticの位置情報ゲーム「Ingress」とコラボした事例を挙げ、Pokemon GOを遊びながら県内の観光名所を周遊できるように「交通の利便性を高める工夫を講じる」としている。

最終更新:8月10日(水)14時50分

ITmedia ニュース